商品開発・品質管理

ハウス オブ ローゼでは、商品企画から研究、生産、店舗と、お客様のキレイをサポートするために、それぞれの過程で創意工夫に取り組んでいます。

商品企画 研究開発 生産・品質検査 物流センター 店舗ネットワーク

Step1 商品企画

市場動向や売上げ分析に基づいて、マーチャンダイジング(MD)戦略を立案します。 当社は、“使う人が創る人”という発想のもと、女性スタッフが中心となって、お客さまに永く使い続けていただける商品を企画しています。
また、お客さまからの商品に関する情報やスタッフからのアイディア提案などを採り入れ、 お客さまと直に接するショップスタッフの厳しい意見も新商品の開発や改良に生かしています。 商品名やデザインには、ハウス オブ ローゼブランドのもつ“優しさ”を表現することを心がけ、 商品のコンセプトが明確に伝わるように工夫をこらしています。

Step2 研究開発

研究開発

お客さまのニーズを的確に捉え、お客さまの立場に立った発想の商品を開発するため、 商品企画グループや外部協力メーカーと緊密に連携することで、成分の選定から処方や容器の開発までを一貫して行っています。
商品開発の基本は、厳選した天然植物抽出エキス配合を中心とした、お肌に負担をかけない処方で、 お使いいただくすべての人々がもつ肌本来の活力を無理なく引き出せること、またパッケージを含め使用性に優れ、 長い間継続してお使いいただける商品であることと考えています。

Step3 生産・品質検査

生産・品質検査

当社は、ファブレス(自社工場をもたない)企業として、国内外の協力メーカー30数社の提携工場の中から、開発目的に合致した技術と設備を備えた工場を商品毎に選定しています。
当社が提携する工場は、GMP(医薬品の品質を確保するための基準)管理体制を備えた、信頼性の高い生産工程管理を実施する工場を基準としており、最終商品の品質はもちろん、商品のもととなる原料、包材に至るまで、トータルな品質の安全性・高機能性を重視しています。
さらに品質確保に万全を期すため、提携工場の品質管理において物性や微生物の確認テストを経た後、 30項目以上におよぶ当社独自の厳しいチェックを行っています。

Step4 物流センター

物流センター

商品の受注からコンピュータ入力・出荷指示・納品伝票発行までの事務業務と、 商品入荷から保管(自動倉庫など)・在庫管理・ピッキング・出庫・流通加工までの庫内業務にEOS(電子補充発注システム)などを導入しています。
各店舗からの注文商品は、町田および横浜(外部委託)の両物流センターから、配送業者を通じて全国の店舗へ発送されます。

Step5 店舗ネットワーク

店舗ネットワーク

当社の商品をより多くの方々にお使いいただくために、全国の百貨店のバス用品・家庭用品売場や、 駅ビル、ファッションビル、ショッピングモールなどに、直営店あるいはパートナーショップ*1を出店し、店舗ネットワークを拡大しています。 これらすべての店舗において当社の教育を受けたショップスタッフによるコンサルティング販売を行っています。

※当社ではPB(プライベートブランド)商品のほか、雑貨等を中心に一部他社商品も扱っております。

*1: 直営店以外の百貨店/専門店におけるコーナー及びショップ